駅前に店を構える不動産は注意?

「駅前の不動産屋ってどうなの?」

という質問をよく受けます。

もちろん全てがそうではありませんが、駅前の業者は店舗の家賃も高く、売り上げに関してのノルマ設定が高いことが多いです。
ノルマ設定があると、お客さんにあった部屋探しを丁寧に行うには精神的余裕がなく、「すぐ決めたがる傾向」がありますので、じっくり時間をかけて選べません。

ノルマ設定が高い不動産屋だと「広告料」が乗った物件から優先に進められてしまいます。

幅広く、自分の選びたい部屋を自分で選ぶという観点から言うを、避けるべき不動産屋です。

ギラギラした広告のお店は避ける

現状、不動産屋が情報操作ケースも多く、本来見れる物件まで辿りつけないことがあります。
「安い!」「なんでもあります!!」なんてギラギラの広告をしているところは、不当な情報操作をする傾向がよくあります。

「条件が厳しいわけじゃないのに、思っていたより情報が少ない」「この担当者はどうもうそ臭い」と思ったら迷わず席を立ちましょう。あなたに対して誠実に対応してくれる不動産屋、担当者は必ずいます。
ギラギラした広告、キャッチコピーを出しているところは避けるた方が良いと思います。

どこでさがすのがいいの?

広告料の多さから「スーモ」が圧倒的と思っている人がたくさんいるのですが、実は物件の量は圧倒的にアットホームです。
理由は掲載料。

掲載料がスーモ、ホームズは圧倒的に高いです。
そのためスーモやホームズを利用している不動産屋は意外と少ないです。
スーモは広告宣伝がすごいので、一番すごい印象がありますが、これは広告による印象付けです。
物件探すなら地味な「アットホーム」です。

ちなみにたとえば、武蔵村山の新築で10つの物件があったとすると、アットホームには全部出ますが、スーモはそのうち2,3つです。

介護保険からひも解くケアマネージャーの心得

介護保険法1条(目的)
世の中のケアマネージャーは、介護保険制度の創設によって生まれた職業です。その役割は制度目的の実現にあります。
介護保険法第1条は、制度の対象・目的が明確に示されており、基本の考えの第一としてして、特に重要となります。  

介護保険法第1条(目的)

この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等による要介護状態となり、入浴・排泄・食事などの介護、機能訓練並びに看護および療養上の管理その他医療を要する者等について、これらの者がその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるように、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項をさだめ、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることと目的とする。 

ケアマネージャーの基本姿勢
ケアマネージャーは、ケアの利用者の自己決定や自己実現を支える、仲介をすることが役割であり、代弁者です。
重要な役割ゆえに、ケアマネージャーは業務において次のような姿勢が求められています。

①利用者の人権を尊重すること

②利用者の主体性を尊重すること

③公平性の二つの視点をもつこと

④中立性の二つの視点をもつこと

⑤社会的責任を自覚すること

⑥個人情報の保護に努めること

ケアマネージャーは様々な状況に臨機応変に対応しないといけない

ケアマネージャーは要介護者と接するうえで様々な事態に遭遇することがあります。例えば、突然体調を崩したり、倒れてしまうことがあります。

ケアマネージャーはそういう状態にも対応するためにバイタルサインを見逃さないようにすることも大切です。