駅前に店を構える不動産は注意?

「駅前の不動産屋ってどうなの?」

という質問をよく受けます。

もちろん全てがそうではありませんが、駅前の業者は店舗の家賃も高く、売り上げに関してのノルマ設定が高いことが多いです。
ノルマ設定があると、お客さんにあった部屋探しを丁寧に行うには精神的余裕がなく、「すぐ決めたがる傾向」がありますので、じっくり時間をかけて選べません。

ノルマ設定が高い不動産屋だと「広告料」が乗った物件から優先に進められてしまいます。

幅広く、自分の選びたい部屋を自分で選ぶという観点から言うを、避けるべき不動産屋です。

ギラギラした広告のお店は避ける

現状、不動産屋が情報操作ケースも多く、本来見れる物件まで辿りつけないことがあります。
「安い!」「なんでもあります!!」なんてギラギラの広告をしているところは、不当な情報操作をする傾向がよくあります。

「条件が厳しいわけじゃないのに、思っていたより情報が少ない」「この担当者はどうもうそ臭い」と思ったら迷わず席を立ちましょう。あなたに対して誠実に対応してくれる不動産屋、担当者は必ずいます。
ギラギラした広告、キャッチコピーを出しているところは避けるた方が良いと思います。

どこでさがすのがいいの?

広告料の多さから「スーモ」が圧倒的と思っている人がたくさんいるのですが、実は物件の量は圧倒的にアットホームです。
理由は掲載料。

掲載料がスーモ、ホームズは圧倒的に高いです。
そのためスーモやホームズを利用している不動産屋は意外と少ないです。
スーモは広告宣伝がすごいので、一番すごい印象がありますが、これは広告による印象付けです。
物件探すなら地味な「アットホーム」です。

ちなみにたとえば、武蔵村山の新築で10つの物件があったとすると、アットホームには全部出ますが、スーモはそのうち2,3つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です