これでもう失敗しない!新築マンションの選び方

失敗しない新築マンションの選び方のポイント
住みたい新築マンションのイメージが固まってきたら、快適なマンション住まいを送るために、どのような条件で選べばいいのかを具体的に考えてみましょう。マンションの選び方は、外観や間取りだけではなく、マンションの規模や共用施設、周辺環境などにも注目することが大切です。今回は、自分に合った新築マンションの選び方についてみていきます。

周辺環境・立地・駅までのアクセス
まずは、住みたいエリアの候補を複数あげてみましょう。エリアを決めるときに考えたいことは、交通アクセス・周辺環境・治安防災などです。購入後に賃貸や売却の可能性のある人はある程度資産価値について考慮しておくのが望ましいでしょう。

交通アクセスについては、家族一人ひとりの通勤や通学に便利なエリアかどうかを考えるといいでしょう。それぞれの経路を確認し、距離や時間など許容範囲のエリアを確認します。また、地域により駅からの距離で選べる物件がかわることもあるでしょう。徒歩で通うのか、バスや自転車を利用するのかなど、日々の生活をイメージしたうえで不都合のないエリアを選びましょう。夫婦でどちらの実家に近いほうがいいのかなども必要に応じて話し合うといいでしょう。

周辺環境は、重視するポイントやどのような暮らしがしたいかによってかわってきます。利便性の高い立地がいいのか、多少は駅や都心から離れても緑が多く専有面積にゆとりのあるエリアがいいのかなどについて、家族とよく話し合いましょう。

小さな子どもがいる場合は、保育施設・教育施設・公園・遊び場があることが大切です。よく使うお店・施設・病院などがある人は、暮らすうえで何が近くにあると便利なのかも確認しておきましょう。

高層階の新築マンションを選ぶ人のなかには、景観がひとつの選択基準になることもあるようです。周辺に川や海などの水辺があるとリラックスできる人もいるでしょう。求めるものは人それぞれです。後から後悔のないように、何が必要なのか家族で意見を出し合いましょう。

生活の利便性
生活の利便性が高いかどうかはマンションの近くに商業施設、公共施設、教育施設がどれほど整っているかによって決まっていきます。
スーパーやドラッグストア、コンビニなどの商業施設が整っていると買い物が便利ですし、市役所や警察署が近くにあると役所関係の手続きもしやすくなります。
また、子どもがいる場合は保育園や幼稚園、小中学校などの教育施設が近くにあるかも忘れずに確認しておきましょう。

交通の利便性
通勤のために電車を利用している方であれば、マンションから駅までの距離、最寄りの駅から会社までの距離がどれほどあるかを確認しておきたいものです。
また、通勤に利用する電車の混雑率がどれほどかも事前にチェックしておくことも大切です。
車移動がメインの方であれば、マンションの前の道路や近くにある大通りの交通量がどれほどかも確認しておくとよいでしょう。
一般的な道路の交通量のピークは朝と夕方にありますので、その時間帯にマンション周辺の道路状況を見ることでどれほどの込み具合かを知ることができます。

すでに人気があってブランド化されているエリアのマンションは、新築だと売約済みになるスピードも早いです。

品川区の新築マンションや、東京でも人気のある立川エリアの新築マンションを購入しようとして、ネットで調べるときは上記を参考にマンションを選ぶ様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です