【iPhone保護】話題のスマホコーティングは効果あるの?

iPhoneの保護をせずに傷ついてしまった

保護シートのない端末を砂の上に落として擦ってしまったところ、割れはしなかったがほぼ全面にわたって多量に白い線が入ってしまい、見栄えも操作性も悪くなってしまった。
液晶という操作と表示の双方を受け持ち、かつ普段からよく目につく面であるだけにつらい。
壊れたりクラックが入ったりという致命的な損傷ではないにせよ、高価な端末がそのように傷付いてしまったというたとえようもない喪失感というか、虚無感に近い感情を持った。

ガラスコーティングは保護シートとは異なり、その名の通り液晶に直接塗布して使う保護材の一種。
液状のコーティング剤を塗って硬化させることで液晶自体の強度を向上させることができ、ある製品だとカッターナイフといった刃物ですらも傷をつけづらい程度まで強化することも可能とのこと。
またシートと違ってコーティング剤は液晶の細かな凹凸の間に入り込んで硬化していくため、より滑らかなタッチや撥水性といった恩恵も受けられる。
指紋についても同じことが言えるが、これは皮脂や水が入り込んでいく隙間をあらかじめ埋めてしまうため、より綺麗な液晶の維持が可能となっている。

ガラスフィルムだけなら機種変更後二つの端末にわたって装備しているが、肌感覚としてこういったガラス系の保護材は強度向上において非常に優秀だと感じる。
実際にビンを用いて液晶を殴打する動画もアップロードされており、見事にその衝撃に耐えていた。
他にも保護シートとの比較では、カッターナイフでの切り付けには等しく耐えたが、コンクリートへの落下で無傷を保ったのはコーティングを施した端末であったり、ハンマーの打撃にも一二度なら耐えられるという検証結果が上がっていることを確認できた。
直接張らない保護材であるにも関わらずこういった保護性能を発揮することができる、なおかつタッチや画面映りに悪影響を及ぼさないというメリットは非常に大きな意味を持っていると言えるだろう。

iPhonのガラスコーティングならG-PACK

スマホコーティングのシートに対する優位性は何といってもその高い硬度に加え、液晶の利用に対しても貢献するという”いいことづくめ”性である。
従来のシートよりもっと正確に、気泡などの煩わしさもなく簡単に導入できるという点においてはもちろんのこと、撥水性や指紋のつきにくさといった利便性に惹かれるユーザーも多いだろう。
何よりタッチを阻害しない、はがれたりすることで見栄えが悪くなったり気になったりしてしまうという心配が将来にわたってないというのは大きな利点だと感じるし、画面サイズを選ばないのもマイナー機種ユーザーに対するアピールポイントになりうる。
サイトにもある通りこのガラスコーティングという手段はまさしく”次世代”の液晶保護だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です