本当は怖い膝関節症、直し方とおすすめ病院を紹介

変形性膝関節症とは?どんな症状ですか?

ひざの関節の軟骨が摩擦などですり減ってしまい、ひざに強い痛みが出る病気。最初は歩き始めに痛みが出ても、休息すれば痛みが治まる程度だが、基本的に年齢を重ねるごとに病状が進み、ひどくなると安静にしていても痛みが取れず、歩くことも難しくなる。病気やケガといった明確な原因が特定できない「一次性」と呼ばれるものと、膝の骨折、じん帯や半月の損傷、膝関節のねんざ関節リウマチは別の疾患なので削除してください)など原因がはっきりとわかる「二次性」と呼ばれるものがある。

変形性膝関節症の治し方、膝周囲骨切り術(AKO)とは?

膝周囲骨切り術にはいくつかの種類がある。そのなかでも一般的なものが、高位脛骨骨切り術である。高位脛骨骨切り術は、膝の下にある脛骨を切り、変形を矯正する手術法。下肢のなかで、体重の通るラインは大腿骨頭の中心から足関節の中心までと考えられており、正常な膝の場合、この体重が通るラインは膝のほぼ中心になる。自分の関節は温存され機能は維持され、日常生活に制限がなく、スポーツ活動も可能となり痛みは極めて良く改善される。

膝周囲骨切り術(AKO)にかかる費用は?

AKO(膝周囲骨切り術)の手術費用は高額療養費制度が適用されるため、専用のプレートや人工骨などの材料費を含めて30数万円ほどになる。入院期間は、早い方で約3週間で、手術の傷が落ち着くのが大体2週間ほどになるからであり、3-4週間で退院される患者さんがほとんどである。AKO(膝周囲骨切り術)が適応される患者は、まず膝の動きが比較的よい方で膝を伸ばしたり曲げたりできることが条件になる。自分の身体機能を残せるのは素晴らしいことである。

膝周囲骨切り術(AKO)後の回復にかかる期間はどのくらい?

AKO(膝周囲骨切り術)の手術後は、簡単なリハビリをする。術後すぐにリハビリに入る。膝関節自体に対しては、内視鏡により最小限の手術しかしていないため、術後すぐに関節を曲げることが可能である。自宅に帰ってからも特別なリハビリをする必要はなく、日常生活自体にリハビリの効果がある。ただし、個人差はあるものの術後3ヶ月は痛みがある。これは、術後3ヶ月は骨がついてないため、この間は体重をかけて歩くと痛みが出るためである。しかし日常生活に支障が出るほどではなく3-6か月後、骨が完全につくと、痛みがなくなる患者さんがほとんどである。

ふれあい横浜ホスピタルと契約し外来診療と手術を行っていてJR関内駅南口から徒歩3分と交通アクセスもよい。各人に合わせた膝周囲骨切り術を行うことにしてて、最先端の治療ができるように、自分の行った手術成績や疑問点は、世界に向け発表している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です