介護保険からひも解くケアマネージャーの心得

介護保険法1条(目的)
世の中のケアマネージャーは、介護保険制度の創設によって生まれた職業です。その役割は制度目的の実現にあります。
介護保険法第1条は、制度の対象・目的が明確に示されており、基本の考えの第一としてして、特に重要となります。  

介護保険法第1条(目的)

この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等による要介護状態となり、入浴・排泄・食事などの介護、機能訓練並びに看護および療養上の管理その他医療を要する者等について、これらの者がその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるように、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項をさだめ、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることと目的とする。 

ケアマネージャーの基本姿勢
ケアマネージャーは、ケアの利用者の自己決定や自己実現を支える、仲介をすることが役割であり、代弁者です。
重要な役割ゆえに、ケアマネージャーは業務において次のような姿勢が求められています。

①利用者の人権を尊重すること

②利用者の主体性を尊重すること

③公平性の二つの視点をもつこと

④中立性の二つの視点をもつこと

⑤社会的責任を自覚すること

⑥個人情報の保護に努めること

ケアマネージャーは様々な状況に臨機応変に対応しないといけない

ケアマネージャーは要介護者と接するうえで様々な事態に遭遇することがあります。例えば、突然体調を崩したり、倒れてしまうことがあります。

ケアマネージャーはそういう状態にも対応するためにバイタルサインを見逃さないようにすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です